大米米穀店 メディア紹介 大人組Kansai 5月号

▼大人組Kansai 5月号 「お米の魅力、ご飯の味方」

大人組

情報雑誌「大人組kansai」5月号では、「お米の魅力、ご飯の味方」というテーマで新米の季節じゃないけれど、私たちの主食・お米について考えます。近頃、私たちがお米を食べなくなったとよく言われます。これだけ食が多彩になれば、無理からぬこと。しかし、お米は、数千年も昔から、ご先祖様の胃袋を満たしてきたのです。と聞くと、ちょっと特別な想いが頭をもたげませんか?お米とご飯、いま一度じっくり噛みしめて味わいたいと思います。

▼うなぎの寝床と呼ばれる京町家。お米は玄米を精米して販売。

大人組5月号ではおおまい米穀店とその奥にあるキッチンパパが取り上げられました。
誌面では、間口三軒、奥行き十五軒の"鰻の寝床"と呼ばれる京町家。入ってすぐにお米屋さん、奥にすすめばジャズが流れる洋食屋さん。ハンバーグやフライをお目当てにこられる客人だけでなく、ごはん目当ての客人もいるのではないかと思えるほど、ご飯が旨い。「難しい事はしませんが、粒を大切に扱います。」と店主。店内で出すごはんは使う分だけ精米したものをお米屋さんで出しているお米から選ぶ「玄米は精米した瞬間から劣化が始まります。オーバーな言い方をすれば卵を割ったような状態なので、精米してからはやっぱり早く美味しい状態で食べて欲しい」といった内容で掲載されました。

送料について
お米の発送・お届けについて
お米の注文キャンセル事項
通販の支払方法について
お問い合わせ