結婚祝いでお米を贈る意味とは?好まれる理由やマナーについてもご紹介

結婚祝いとしてどんなものが良いのかどうかお悩みの方は多いでしょう。
確かに、贈り物にはさまざまなマナーがあるので気を遣いますよね。
そこで今回は、結婚祝いとして食べ物を選んでも良いのかの解説やお米を結婚祝いとして選ぶことのメリットについて解説します。

結婚祝いのマナーについて知りたい方や、結婚祝いの贈り物をお悩みの方はぜひ参考にしてください。

結婚祝いに食べ物は選んでも良いのか

そもそも、結婚祝いに食べ物を選んでも良いものなのか分からないという方は多いでしょう。
結婚祝いやお歳暮などの贈り物にはさまざまなマナーがあります。
また、結婚のようにおめでたい場での贈り物をする際にはその物に込められている意味を考えることが非常に大切です。
知らない間に相手に失礼な贈り物をしてしまっているというのはよくあることです。

そこで、この章ではお米は結婚祝いの品として認められているのか、失礼にあたらないのか解説します。

結論から言うと、結婚祝いとして食べ物を贈ることは好ましいこととされています。
少し前までは、食べ物はお祝いの品としては避けたほうが良いものでした。
なぜなら、食べ物は食べてしまうと無くなることから別れを連想させると考えられていたからです。

しかし、現在では食べ物は縁起物として喜ばれます。
結婚してから食に困らず生きていけるようにという意味があるのです。
特にお米は子宝に恵まれるようにという願いも込められているので、結婚祝いにぴったりな品なのです。

このように、お米は結婚祝いにもってこいの品です。
ぜひ結婚祝いとして検討してみてはいかがでしょうか。

お米を贈るメリットとは

前章で解説した通り、食べ物を結婚祝いとして贈ることは好ましいとされています。
では、食べ物ならどんなものでも良いのかとお考えの方がいらっしゃるかもしれません。
そこで、この章ではお米ならではのメリットについて解説します。

1つ目のメリットは縁起が良いことです。
「米」という漢字を分解すると「八十八」という漢字が隠されていることが分かりますよね。
ここで2つ入っている、「八」という漢字には開運という意味があります。

また、お米は1つの稲穂から1000粒以上実りをつけることがあるのはご存じでしょうか。
この実りの多さから、お米には子孫繁栄や子宝に恵まれるようにという意味が込められています。
結婚してこれから家庭を築いていく2人には非常にぴったりなメッセージですよね。

2つ目のメリットは人によって好き嫌いが少ないことです。
お米を結婚祝いに選ぶメリットは縁起の良さだけではありません。
日本人にとってお米は主食として欠かせないものですよね。
そのため、お米が嫌いな方は少ないです。

どんな方に贈っても喜ばれる贈り物というのは、意外と探すのが難しいものです。
相手の好みから外したくないという方は、ぜひお米を結婚祝いとして選んでみてください。

3つ目は長期保存が可能なことです。

結婚祝い以外の贈り物でも、食べ物を贈るときにはどれくらい日持ちするのかが非常に大切なポイントですよね。
すぐに賞味期限や消費期限が来てしまうような食品はできれば避けておきたいところです。

しかし、その点お米はそのような心配は無用です。
お米は長期保存できるので、相手を焦らせることがありません。
お菓子などと違って、食べきれなかったとしても焦ることはありません。

このように、お米は結婚祝いにぴったりな贈り物と言えるでしょう。

まとめ

今回は結婚祝いとして食べ物を選んでも良いのかの解説や、お米を結婚祝いとして選ぶことのメリットをご紹介しました。
結婚祝いの贈り物を選んでいらっしゃる方にとって何か参考になることがありましたら幸いです。

出産内祝いに喜ばれる!赤ちゃん体重米

出産内祝いに喜ばれる!赤ちゃん体重米

出生体重と同じ重さのお米「赤ちゃん米」は、遠方の両親や親戚、友人など、なかなか新生児のお披露目が難しい方に喜んで頂ける幸せギフトです。
京都の老舗米屋が厳選したブランド米で、新しく誕生した家族をおしゃれにご紹介!美味しいお米のギフトです。

CTR IMG