新米を美味しく炊くコツとは?水加減と水温がポイント!

実りの秋といえば、やっぱり美味しい新米が浮かびますね。
そんな、食欲の秋を代表する「新米」は、みずみずしい炊きあがりが特徴的ですが、その反面、炊き方を失敗してしまうと、べちゃっとした食感になったりすることもあり、扱いに困る方もおられます。
今回は、新米を美味しく炊く時に注意したいポイントをご紹介致します。

新米とは?古米との違いは?

新米と古米の違いとは?

春に育苗され、田んぼに植えられた稲が梅雨と夏に育ち、収穫を迎えます。収穫されたばかりの時は水分を約25%と多く含んでいるは乾燥され、15%くらいまでゆるやかに乾燥させていったものが、その年の新米として、米屋に並びます。

また、梅雨を越えた前年度産のものを古米、一昨年のものを古古米と呼んだりもします。「古米」と聞くとなんとなく、「古くなり悪くなったお米」をイメージされるかもしれませんが、冷蔵管理された近年の古米は、水分量の低下も少ないので、新米の方が絶対に美味しいとは限りませんし、お寿司や丼ぶりものなど、しっかりした粒感が欲しいようなごはん料理では、古米の方が美味しいシチュエーションも多くあります。

新米は本当に美味しい?

お米の通販は京都西陣の大米米穀店

新米と古米の大きな違いは水分量です。水分量の多い獲れたてのお米は、みずみずしいつやがあり、新鮮で香り良く、やわらかくほどよい粘りのある食感は、とれたての新米ならではの良さと言えます。
ただ、味という点だけでみると、古米に比べて一概に新米が美味しいとは言い切れません。お米が保持する水分量が多いため、米の粒が立ちにくく、べちゃっとした炊きあがりになることもしばしば。ですが、新米にしか出せない艶やかで美しい炊き上がりは、古米には出せない魅力のひとつです。
秋は、冬に備えて魚介類は脂を蓄え、野菜類ではさつまいもなどの根菜類が大きく育ち、木の実などが豊かに実る季節。これら旬の食材がよりお米の美味しさを感じさせてくれるのも理由のひとつかもしれませんね。

新米を炊くときの水の量はどれくらい?

新米を炊く時の水加減を聞かれたら「新米炊く時は、古米に比べて1割(約20cc)ほど水を少なく炊いて下さい」と説明することがありますが、最近は、お米の冷蔵保存方法や炊飯器の進化によって、古米と同量の水加減で上手に炊ける事も多々あり、水加減は、「粒立ちの良いもの」「もちもち食感のもの」など、お米の系統によっても千差万別です。

また、炊飯する調理器具によって炊きあがりも様々なので、古米と同じ水分量の方が美味しくツヤやかな炊きあがりになることもよくあるので、ちょっとべちゃっとするなと感じ場合は、「気持ち水を少なめにして炊く」というぐらいに考えてみるのがお薦めです。

氷を入れて炊くと美味しい?お米を炊くときの水温に注目!

新米に限ったことではありませんが、特に新米を炊く時に注意して欲しいのが、水の温度です。冷たい水から一気に高温へと炊きあげる事で、お米の粒は美しく甘み豊かに炊き上がります。お米1合あたり2〜3個ほどの氷を入れて炊くのがお薦めです
新米が多く出回る9月〜10月は、まだ水温がとても高いので特に気をつけてほしいポイントです。ぬるい水でお米を炊くと、お米の表面が糊化してしまい、べちゃっとした炊きあがりのごはんになりがちで、甘みや香りが感じにくくなってしまいます。

まとめ

「新米は水の量を少なく炊く」というのは、間違いではありませんが、絶対ではなくなりました。炊飯器やお米の品種改良によって、当たり前は変わっていきます。地球温暖化で夏場の水道水がとても高温になってしまった事で、お米を炊く時に重要な「水」の扱いが変わったと感じます。
お米も野菜やお肉と同じ生鮮食品です。ちょっとした温度や手順で風味が良くも悪くもなります。ちょっとした豆知識を覚えて、賢く新米の季節を楽しんでみてください。

出産内祝いに喜ばれる!赤ちゃん体重米

出産内祝いに喜ばれる!赤ちゃん体重米

出生体重と同じ重さのお米「赤ちゃん米」は、遠方の両親や親戚、友人など、なかなか新生児のお披露目が難しい方に喜んで頂ける幸せギフトです。
京都の老舗米屋が厳選したブランド米で、新しく誕生した家族をおしゃれにご紹介!美味しいお米のギフトです。

CTR IMG