分づき米をおいしく食べるために最適な浸水時間とは?洗い方のポイントもご紹介!

最近はご家族の健康面も考慮して、自宅のお米を白米から分づき米へ変えられるご家庭も増えています。
玄米よりも比較的気軽に始められる分づき米ですが、せっかくならおいしく食べるためのポイントを知っておきたいですよね。
そこで今回は、分づき米をおいしく食べるための洗い方のポイントや最適な浸水時間もご紹介します。

分づき米をおいしく食べるための洗い方とは

「そもそも健康面を重視するなら、分づき米よりも玄米の方が良いのではないか」
そう疑問に思われている方もいらっしゃいますよね。
確かに玄米は、一般的な白米であれば精米時に取り除かれる栄養分がそのまま残るため、ビタミンやミネラル分など、健康に良い成分を多く含みます。
ただし、精米されていない玄米は食感に癖があり、初めての方にとってはなかなか食べづらく感じることが多いでしょう。
一方で分づき米であれば、玄米に近い栄養分を含み尚且つ玄米よりも食感の癖が抑えられるため、初めての方でも比較的食べやすく健康的にお米を食べられるでしょう。

そんな分づき米ですが、さらにおいしく食べるためには洗い方にポイントがあります。
白米のように白くなるまで精米されていない分づき米は、白米と比較すると非常に多くの糖成分を含んでいます。
したがって、水を入れて一度目の分づき米からは、非常に濃い研ぎ汁が出るでしょう。
この際、意識しておきたいのが米を洗う速さです。

お米は研ぎ汁を吸ってしまうと、炊きあがった際に糠臭くなるという性質があります。
つまり、通常の白米よりもさらに濃く研ぎ汁が出る分づき米において、お米に研ぎ汁を吸わせないことは非常に重要なポイントです。
特に濃い研ぎ汁が出る1、2回目は、素早くお米を洗い、研ぎ汁は早く捨てることを心がけましょう。

分づき米の最適な浸水時間とは

一概に分づき米とはいっても、その詳細は3分づき米、5分づき米、7分づき米と精米率によって分けられます。
どの精米率の分づき米を選ぶのかによって、お米に最適に浸水時間が異なるため、それぞれ順番にご紹介しましょう。

最も精米率の低い3分づき米は約5時間、5分づき米は約3時間、7分づき米は約2時間程度の浸水時間が最適と言われています。
9時間以上の浸水は、逆に雑菌が繁殖しやすくなるため、避けるようにしましょう。
浸水中もお米は冷蔵庫に保管できると良いですね。

まとめ

今回は、分づき米をおいしく食べるための洗い方のポイントや最適な浸水時間についてご紹介しました。
分づき米の特徴を理解した上で、おいしく食べるための工夫を取り入れられると良いですね。
ぜひご自宅で分づき米を炊く際は、今回ご紹介した内容をご参考にしてみてください。

出産内祝いに喜ばれる!赤ちゃん体重米

出産内祝いに喜ばれる!赤ちゃん体重米

出生体重と同じ重さのお米「赤ちゃん米」は、遠方の両親や親戚、友人など、なかなか新生児のお披露目が難しい方に喜んで頂ける幸せギフトです。
京都の老舗米屋が厳選したブランド米で、新しく誕生した家族をおしゃれにご紹介!美味しいお米のギフトです。

CTR IMG